• ホーム
  • 美白肌を目指すなら、まずは紫外線対策を徹底しよう!

美白肌を目指すなら、まずは紫外線対策を徹底しよう!

透明感のある美しい肌は、女性にとって永遠の憧れです。
しかし、何のケアもせずに美肌をキープすることは、まず難しいでしょう。
特に年齢を重ねると悩む人が増える「シミ」や「くすみ」といった年齢肌は、日頃のケアによって大きく左右されます。
美白美人を目指すのであれば、特に紫外線対策は徹底して行いましょう。

紫外線は肌にとって、大きな刺激となってしまいます。
無防備に紫外線を浴びてしまうと、刺激を受けた肌はメラニン色素という、シミやくすみの元となる色素を大量に作り出してしまいます。
このメラニン色素が肌に沈着するとできるのが、シミそしてくすみです。

美白・美肌をキープするためには、紫外線対策は必要不可欠と言えるでしょう。
美白を目指すなら毎日、日焼け止めを塗ることをおすすめします。
日焼け止めは紫外線量が強くなる夏場のみ使用する人も少なくありませんが、紫外線は夏場だけでなく冬場も地上に降り注いでいます。
ですので、1年中日焼け止めを塗って、紫外線の刺激を防止することが大切です。

また、日焼け止めだけでなく日傘をさすのも、紫外線防止に有効です。
日傘を活用することで、紫外線が肌に当たるのを物理的に防止できます。
最近はUV加工を施している日傘も増えているので、より紫外線対策効果をアップしたいなら、このような日傘を選ぶと良いでしょう。

日焼け止め・日傘は紫外線の刺激から肌を守ることに繋がりますが、美白効果をより実感するためには、紫外線のダメージを受け難い肌作りをすることも必要です。
実は肌が乾燥しているとバリア機能が低下し、紫外線の刺激を受けやすくなると言われています。
乾燥肌という人はうるおい成分を配合した基礎化粧品でケアしましょう。

出かけ先で乾燥が気になるという場合は、ミスト化粧水で保湿するのもおすすめです。
夏場はエアコンで意外に肌が乾燥してしまいます。
ミスト化粧水であれば、出かけ先でも乾燥肌対策が行えるので便利です。

美白効果のあるスキンケア成分の種類と特徴

シミやくすみの無い透明感あふれる美肌をキープするには、美白効果のあるスキンケア成分を配合した基礎化粧品で、お肌をケアすることがおすすめです。
美白を目指している人は、どのような成分に美白効果があるのかを確認して、商品を購入するときの参考にしてみると良いでしょう。

市販されている基礎化粧品に含まれる、美白効果のある成分は大きく4つのタイプに分けられます。
まずはシミやくすみの元となる、メラニン色素の生成を抑制するタイプです。
メラニン色素を作る酵素のチロシナーゼの働きを阻害する成分がこのタイプに分類されます。
ビタミンC誘導体やコウジ酸といったものが、メラニン色素の生成を抑制する作用を持つ成分として有名です。

また、メラニン色素を作り出すチロシナーゼの働きを抑制するのが、アルブチンというスキンケア成分です。
美白効果のある成分は種類によって、肌が乾燥してしまうものもありますが、アルブチンはうるおい感が失われにくいと言われています。
アルブチンであれば、乾燥肌で悩んでいる人も安心して使えるでしょう。

リノール酸はチロシナーゼ自体を減らす作用がある成分で、4‐メトキシサリチル酸カリウム塩はメラニン色素の排出自体を促す成分です。
このように美白作用が期待できるスキンケア成分には、様々な種類がありますが市販されている商品に、多く使われているのはビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体はチロシナーゼの活性化を抑える以外に、高い還元作用によってメラニン色素自体を薄くする作用があると言われています。
皮脂分泌を抑える効果もあるので、肌がべたつきやすいという人は、ビタミンC誘導体配合の基礎化粧品でスキンケアしてみるのも良いでしょう。