• ホーム
  • 肌にシミがあると実年齢より老けて見られます

肌にシミがあると実年齢より老けて見られます

肌がきれいな女性

シミのない肌の人とそうでない人とを見比べると全然違います。
同一人物であったとしても、実年齢よりも老けて見られるはずです。
これは老化現象の一つでもあるので仕方がありません。
しかも、一度できてしまうとスキンケアを変えても簡単には消すことができないので困ります。

肌のターンオーバーが正常であれば、28日周期です。
しかし、紫外線やストレス、加齢などによって肌のターンオーバーが乱れてしまい、28日よりも長くなることもあります。
すると、新陳代謝が悪くなってしまいメラニンがいつまでも肌に残ります。

メラニンが残るとシミができるので、原因を取り除かなくてはなりません。
シミの原因は必ずしも加齢だけがではありません。
若くてもシミが目立つ人がいますが、比較的、年を重ねた人に多く現れるので老け顔に見られてしまいます。
同じ年齢であってもシミがほとんとない人もいます。
日頃から紫外線対策をしているとあまりシミができなくなるはずです。
日傘や帽子だけではなく、日焼け止めも一年中使うなどしておくとかなり違うでしょう。
毎日の積み重ねなので、外出する時はこれらを怠らないようにしてください。

肌のターンオーバーが乱れないようにするためには、適度な運動やバランスの良い食生活も重要です。
このようなことに気を配っている人はとても生き生きとしているために、顔だけではなく、スタイルも含めて若々しく見えるでしょう。
普段の心がけによって十分にシミ対策できます。
何もしていないとどんどん見た目は老けてしまいます。
そうならないようにするためにもスキンケアも工夫してみてください。

アンチエイジング化粧品を使うのも良いですが、保湿して肌のターンオーバーが乱れないようにしましょう。
いつまでも若く見られたい人はシミができないようにしたり、できてしまったら早めに消すことです。
一度できると消すことが難しいですが、自力で消すこともできるので試してみましょう。

トレチノインとハイドロキノンの併用でシミが消える?

とても強い成分として有名なハイドロキノンとトレチノインですが、これらは併用するとより高い効果を発揮します。
ハイドロキノンとトレチノインには美白効果があるので、シミに使ってみませんか。
なるべく併用した方が良いです。
どちらか一方でも効果を感じることができるかもしれませんが、併用した方が効果的です。
どちらも強い成分なので使用方法を間違わないことが重要です。
正しく使用すればシミは改善されるでしょう。
間違った使用方法をすると副作用が出る恐れがありますので注意しましょう。

使用方法は、必ずシミの部分にだけ塗ってください。
他の部分に塗ると白斑となるからです。
綿棒を使うと良いです。
塗りすぎる必要はないので、適量だけで十分効果が出るでしょう。

ハイドロキノンとトレチノインは両方とも夜にだけ使用した方が良いです。
どちらも紫外線に弱いからです。
朝も使いたい場合は必ず日焼け止めを塗って紫外線対策してください。
これを怠るとかえってシミが濃くなる副作用が出るかもしれません。
必ず紫外線対策をするか、夜だけの使用にとどめておいてください。

使い続けるとシミが改善される人がほとんどです。
ただし、強い成分ですから連続して使用するのは3ヶ月までです。
それ以上続けると副作用が出るかもしれません。
肌に大きな負担となってしまうので3ヶ月以上使わないことを守ることが重要です。

見た目年齢を大きく左右する問題ですが、自力で改善することもできます。
皮膚科を受診してハイドロキノンとトレチノインの軟膏をもらってみませんか。
市販されているクリームもありますが、濃度が薄くなっています。
十分に効果を感じることはできるはずですが、正しく使うことが重要なので医療機関を受診しましょう。